FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっとカスタムしてみた!



近頃、
毎朝晩使っている所為か、
完成度の高いものであるけれど、
どうしても【あれがあるといいなぁ・できるといいなぁ】と、
そういう要望は出てくるわけで…。



というわけで、
そうした点を念頭に、
利便性を向上させてみました!


結果的には
いくつかデメリットもできたものの、
おおむね満足です♪






というわけで、
環境が色々変わり、
朝晩の生活リズムが大きく変わったため、
微妙に更新が滞っていますが、
ワタクシは今日も元気です!



と、
早々と生存報告を済ませ、
今回の本題に入りたいと思います!



さて、
生活環境が少し変わったため、
毎日、朝晩自転車で移動しているわけですが、
そんな中で、
自転車そのものに
【要望】というか【改善】というか、
色々とそういうものが出てきたわけですよ



もちろん、
現在、メイン車両として
毎日活躍中の【ブロンプトン】は
ある意味において、
折り畳み自転車の一つの到達点であり、
質の高い車両であるのは、
その筋の人たちにはよく知られた話です…。



↓youtubeで見つけたブロンプトン紹介動画になります。
 興味がある方は参考程度にどうぞ。





とはいえ、
人の欲とは恐ろしいもので
そんなものにも、
色々と不満点というか、
改善したい点が出てくるというものです…



というわけで、
いくつかの要望を胸に、
自転車屋さんに相談に行ってきたわけなのです!
その要望を順に挙げていきましょう。







要望 その1


さて、
皆さんは
ママチャリという自転車について
その特異性というものをご存知でしょうか?


ええ、
あの通勤・通学、
日常のお買い物などに大活躍の、
あのよく見かける自転車です。


日本においては、
あまりにありふれた自転車なので
かなり意外に思われるかもしれませんが、
世界的に見て、
【ママチャリ】というカテゴリは
おそらくかなり特殊な自転車に属すると思われます。



というのも、
欧米においては
自転車というのは
日本のように【日常の足】としての感覚が薄く、
競技などのスポーツ、
あるいはレジャー目的の趣味性の高い道具であるという、
そういう認識が強くあったため、
いわゆる【実用車】としての自転車が
あまり発展しなかったということが理由として言われています。



反対に
日本においては
趣味的な側面よりも
むしろ【歩くより早く移動できる】等、
その利便性と実用性に目が向けられ、
趣味的な方向よりも、
むしろ日常の使い勝手を重視して発展したという経緯があります。



そんなわけで
現在の日本では
前カゴやライト、泥除けやスタンド等が標準装備される、
現在のような【ママチャリ】と呼ばれる軽快車を指すくらいに、
自転車は【日常の足】として普及したわけです。



少し話が逸れましたが
ここまでの話で
日本の自転車文化は、
世界的には結構異質なのだと、ご理解いただけたと思います



そんな特殊な自転車文化で育った日本人としては、
如何にブロンプトンが
色々と考えられて作られている自転車だとはいえ、
気になる点はあるというものです!


ええ、ここからが本題です。


ブロンプトンには
スタンドが付いてないのですよ!




ええ、
基本的にブロンプトンは
イギリス生まれの折り畳み自転車ですし、
一般的にシティサイクルと呼ばれる車種以外の自転車には
スタンドは標準で付いていないものですよ…!


ただね、あるとやっぱり便利なんですよ…



あると便利だから、
究極的に【実用性】を重視した、
日本特有のママチャリには標準装備なんですから!




というわけで、
【要望その①】はスタンドを付けたい!
ということです。



もちろん、
よく考えられたブロンプトンは
スタンド無しでも
後ろ半分を折り畳めば(←通称【お座り状態】)
多少安定性は不安がありつつも、自立するんです!


↓これが【お座り状態】
お座り状態



ただ、良くも悪くも
日本という自転車文化の中では目を引きすぎる…



買い物から出てきたら
お子様に取り囲まれててビビったのは
ワタクシだけではないはず…



それに、
コンビニで補給だとか、
ちょっと短時間止めるだけだったり、
写真なんか撮ったりするときに、
スタンドがあると、とっても便利なのです!



というわけで、
自転車屋さんに相談した結果、
『最近入ってきた、良いのがあるよ!』とのことで、
スタンド装備させてもらいました!


スタンド装着!


ブロンプトンは
本来、専用設計のオンパレードな自転車で
それ故にカスタマイズは
なかなかしづらいことでも有名らしいですが、あるところにはあるものです!



小径車とかのパーツメーカー(?)、
RIDEA(リデア)がブロンプトン専用に設計して作っちゃったらしい、
ブロンプトン専用キックスタンドです!


今までも、
汎用パーツを特殊加工して、
ブロンプトンに取り付けれるようにカスタムすることは
良くある話だったらしいですが、
これはブロンプトン専用設計なので
追加工なしに取り付けれます!


そしてアルミの削り出しなので、地味にカッコいい!


色は何種類かあったみたいですが、
車体色との調和とバランスを考え、無難にシルバー!



デメリットとして、
重量の増加を省けば、
折り畳み時にペダルの位置が
微妙にシビアになるくらいですか…。



ええ、
少しだけ、
ペダルとキックスタンドが
折り畳み時に干渉する場合があるのです。
まぁ、最初におおよその位置にしておけばいいので
個人的には気にならないデメリットですが…


折り畳み時間が1~2秒増えるくらいです。



それ以上に
日常の使い勝手が増すので、
個人的にはキックスタンド装備、お勧めです!







要望 その2


そして次なる要望が
ブロンプトンユーザーなら誰もが一度は経験する、
折り畳み・展開時のヒンジクランプ金具の空転!


これにより、
クランプ金具がうまくフレームをクランプせず、
再度金具を緩めて嵌め直す必要が出てくるわけですよ…。


まぁ、
注意してクランプレバー回せば、
別に起こらない事例ですが、
毎朝晩、折り畳みと展開を行うワタクシとしては
もう少し改善したいなと…。



ええ、要望その②は クランプ部の空転をなんとかしたい!です



そんなわけで、クランプ金具とクランプレバーを交換してみました!


クランプ部交換



写真の角度ではよく分かりませんが、
クランプ金具の左右の爪の長さが異なる、
非左右対称形状をしているため、
片方が外れても、
もう片方が踏ん張ってくれるので、
空転が起きにくくなっているという代物です。



こちらは
見た目の変化も分かりやすく、
ドレスアップパーツとしても重宝されるので、
色々なメーカーから出てるのかな?



ワタクシは
キックスタンドとの整合性を考え、
ちょこっと奮発して、
同じRIDEAのアルミパーツを付けてもらいました。



空転発生率は飛躍的に軽減され、
折り畳み・展開時のストレスは緩和されつつ、
見た目もお洒落になったので、個人的には満足です



使ってみて1~2週間経ちますが、
今のところ目に見えるようなデメリットはないです








要望 その3 



ここに至るまで、
要望はどれも実用性に端を発するものでした…。


日常的に如何に使いやすくするか…。


それを重視した結果のカスタムでしたよ…



しかし、
要望その3は
もっちょっと漠然とした要望です!


すなわち、
要望その③ ちょっとお洒落にしたい!です!


ええ、
せっかく、
ブロンプトンに乗るのですから
もう少しお洒落な感じにしてみたいなと…!


とはいえ、
予算もこの段階で残りわずかだったので、
目に見えて違いの分かる部分、
サドルなんかを変えて見ちゃったりなんかして…!



そんなわけで、
レザーサドルに変えてみた!


レザーサドル!


レザーサドルといえば、
お値段は少々するし、
最初は硬くて痛さとの戦いだけれど、
馴染んでくると、
ものすごく快適な自分専用のサドルになると、
そんな情報を仕入れていたのですよ!


なにより、
サドルは自転車の部品の中でも
結構目立つので、イメチェンには最適な部品の1つです!


レザーサドルは
見た目がクラシカルな感じで、
印象が随分落ち着いた感じに変わるのが良い感じです



で、
実はこのサドル、
結構レアなアイテムで、
店長さんの口車に乗せられて(笑)、
購入してしまったアイテムだったりします



ええ、なんとこのサドル、限定品です


シリアルナンバー入りです!
箱が無駄にゴージャスです!


なんでも、
古いヴィンテージ自転車と
クラシカルな服装で未舗装路を走るという、
世界的なサイクリングイベント、
【エロイカ】を記念した限定モデルで、
ワタクシが購入したのは
2015年エロイカ・ブリタニア大会を記念して造られたもので、
結構レアなアイテムだったりするそうです。



ええ、表面の銅色の鋲は
職人の手作業の代物だそうで、
風合いがとてもお洒落な感じです!



肝心な乗り心地ですが、
最初はメチャクチャ痛いと聞いていただけに、
戦々恐々、おっかなびっくりでしたが、全然痛くなかったです!


うん、もっと痛いサドル知ってるからね…。
20分も乗ると座ってられなくなるのとか知ってたからね…。



痛くないどころか、
堅いけれども
何故か既にフィット感が良くて驚いたくらい!



馴染んで来たらどうなるのか、今から楽しみです









で、
しれっと、
この他にもグリップをレザーに変えたり、
写真にもちょこっと写ってますが、
簡単に取り外しができるドリンクホルダーアダプタなんかを買ったり、
フレームに内蔵できる、
お手軽・軽量の輪行袋を買ったりしてるのはナイショです…


現状



ちなみに
ボトルホルダーに鎮座してるのは
ボトルとほぼ同径のポータブルスピーカーで、
郊外なんかに行ったときには、
これで音楽を聞きながらのんびり走っていたり…。



何気に、
いざとなったら
モバイルバッテリーとしても使える、
結構実用的なアイテムだったりします



うん、
なんか自分の目指す自転車の方向性が
ちょこっとずつ見えてきた気がするくらいに、
ポタリング志向なカスタマイズなのです



あ、
すっかり忘れてたけど、
何気にサスペンション(?)も変えてます!


ノーマル品は
黒いゴム?樹脂?の塊みたいなのついてますが、
こんなのに変えてみました!


サスペンション?



まぁ、
基本芯部分は樹脂系なんですが、
コイルスプリングが巻き付いているので、
見た目も結構変わった気がします!


ソフトとハードが選べたのですが、
ワタクシはポタリング志向が強いので、
ソフトの方を付けてもらいました!


え?
肝心な乗り心地?


差を意識して乗らなきゃ、
たぶん分からないだろうなぁくらいの差です


うん、
ノーマル品、
結構いい仕事してたよ!(笑)


故に、
このパーツは
最初からドレスアップパーツと割り切って
交換するくらいが、
違いの差を感じられて良いのかもしれません



ただ、見た目はカッコよくなります!(←ここ、重要)



というわけで、
ちょっとしたカスタムをしてみたワタクシなのでした!


また今度、
色々と交換してもらおうっと♪


スポンサーサイト

theme : テーマなんてどうでもいいや
genre : その他

comment

Secret

最近の記事+コメント
プロフィール

・リヴ・ ログイン状態

Author:・リヴ・
現在、名古屋在住の
『まったり生きる』事に憧れる若造。


ゲームしたり、本読んだり、
お散歩したり、サイクリングしたり、
時々、短い『お話』を書いてみたり…。
結構色々やってます。

広く浅くをモットーに清く正しく(?)生活中!

カテゴリ
CalendArchive
月別アーカイブ
リンク
文字を大きく・小さく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    メールフォーム
    個人的に管理者と連絡が取りたい方はこちらからどうぞ。   ※コメントの方で済むような場合は、なるべくそちらからお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。