FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納車されました!




注文してから1週間。

前回・前々回のものが、
それぞれ2か月・4か月かかっていたことを考えると、
随分と待ち時間が短いので少し拍子抜けですが、
本日、いよいよブロンプトンが納車されました!

これでワタクシもはれてブロンプトンオーナーの仲間入りというわけです♪








さて、
今回はとうとう1週間前に注文した、
イギリス生まれの折り畳み自転車【ブロンプトン】が納車されたので、
そちらの第一印象を忘れないうちに書いておこうかと…!


というか、
今までにもDAHONのMu SLX(以下 SLX)に乗っているので、
大体、折り畳み自転車というものがわかっているつもりでしたが、
なんてことはない、全く別物でした!


確かにタイヤ径、
20インチ(SLX)と16インチ(ブロンプトン)の差はありますが、
それを抜きにしても、かなり性格の差があるのかなぁと…。



例えば、得意とする速度域だとかポジショニング。
ペダルを踏み込んだ時の反応の良さだとか、振動の吸収性だとか。
思いつくものを上げていけば、結構なキャラクターの違いがあるものです。



SLXは足回りの駆動部に
シマノのロード系パーツが用いられていることもあってか、
かなり高速域でもぐいぐい進む感じ。


フレームの材質がアルミということもあってか、
ペダルを踏み込んだ際の反応が良く、
漕ぎ出しは軽く、加速性も高いという、
折り畳み自転車の中でも【走行性能】を重視した設計になっている気がします。



ええ、折り畳み自転車の中でも
ある程度の距離なら、
ロードバイクやクロスバイクに肉薄するくらいの
典型的なスポーツサイクルの部類ですね。




一方、ブロンプトンは
ハンドル形状の違いもあると思いますが、
割と低速域が気持ちいい自転車な気がします。


もちろんギヤ比を重くすることで
高速走行も可能ですが、
SLXに比べると加速時の軽快さに欠けるかなぁと…。


その分、
アップライトな乗車姿勢とリアのサスペンション(?)、
フレームの材質の影響なのか、
比較的体に負担が少なく、振動吸収性の良さはSLXの比ではありません。



乗車姿勢の影響か、
視野が広く取れるので、
ゆったりと街の風景を楽しみながら走るには
うってつけの味付けになっているような気がします。



そしてなにより、
オプション装備のフロントバッグに色々収納できたりして、
スポーツサイクル色はそこまで強くなく、良い意味でシティサイクル感覚に近いのかな?
うん、誰にでも優しい、そんな印象を受ける自転車です。








こんな感じで、
2台とも結構性格が異なり、
走るルートや使用目的に応じて、
選ぶべき自転車がハッキリ変わるくらい差があります。


坂道が多いとか急ぐときはSLXの方が楽ですし、
あちこち寄り道したり、
街並みをキョロキョロと楽しみながら走るなら、
ブロンプトンの方が無理せずマイペースに走れる気がします。


ほら、
内装変速なので、
ザックリしたギヤ操作が可能な分、余計にね。



そして折り畳みに関して。


SLXというか、
DAHONのDFS方式の折り畳み自転車全般に言えるけれど、
DAHONの折り畳み機構は誰が見ても分かりやすいのが特徴的。


初めて見る人でも
直感的にこうすればいいんだなっていうのが分かるのが、扱いやすい感じで親切設計。
とはいえ、折り畳み時の厚みがブロンプトンよりあるし、
納まりの良さはブロンプトンには及ばない。
何より折りたたんだ時の運搬は持ち上げるしかないのが、少し不便。


一方、
ブロンプトンは
折り畳み方法はDAHONに比べると一見わかりにくく、手順も若干多いかな。


その分、納まりのよさは随一で、その状態の見た目が何とも可愛らしい♪
そしてリアについている小さなホイールによって、
折りたたんだまま転がして移動させられるという強みがあります。








とまぁ、
こんな感じで、
納車されてから自走で帰ってきたのですが、
色々と前から所有するSLXとの違いが分かってきました。


とにかく一言言いたいのが、
『ブロンプトン、楽しい!』っていうことです!


乗り味が
今まで乗ってきた自転車と随分違うので、余計にそう感じます!
うん、ハンドルをMタイプにしたのが良かったかな(笑)



さっきも書きましたが、
ゆったり走るのが楽しい自転車なので、
自転車とともにまったり過ごしたい休日だとか、
街並みを楽しむ観光だとかに持っていくと、絶対楽しい時間になる気がします♪



走っている際に思ったのが、
ブロンプトンは自転車というよりも、ブロンプトンという乗り物なんだなってこと。


ロードバイクにしても、
クロスバイクにしても、
SLXにしてもそうだけれど、
自転車という乗り物は人力で走るので、
ほかの乗り物よりも、人と自転車の一体感、人機一体とでも言いましょうか?



そういうものがあるんだけれど、
ブロンプトンはそれがそこまで強くなく、
良い意味で、
自分と自転車が切り離されて、
それぞれの存在が強調されるイメージがあります。



うーん、
言葉にすると
なかなか分かってもらえないと思うけれど、そんな感じ。



その辺がスポーツサイクルとは少し違うし、
シティサイクルともまたちょっと違う。
絶妙な個性を形作ってるのかなぁ、なんて思いました。








なんにせよ、
これから新たな遊び道具が増えたので、
時間があれば色々連れまわしていこうかなと、
密かな楽しみ方を妄想するワタクシなのでした♪



というわけで、
最後に自走での帰宅中に立ち寄った、
名城公園での『加藤清正像』とブロンプトンのツーショットでも(笑)


清正像と・・・  ブロンプトン



あ、名前も付けてやらないと!




スポンサーサイト

theme : テーマなんてどうでもいいや
genre : その他

comment

Secret

こんばんは♪

毎度がご無沙汰です(^皿^*)

すっかりチャリユーザーですねぇ♪
椎名も新居に移ってからは、自転車が欲しいなぁと思ってたりします。
その前に子供に買ってあげなきゃなぁ…
車より気軽に出かけられるし。

ただ、椎名家は高台なので、どこに行くにもアップダウンが( ̄□ ̄;)

リヴ→椎名 香斐 さん




こんちゃ♪



最近は、
良いことなのか悪いことなのか、
お互いに色々と忙しいようで、ご無沙汰ですねi-229


娘さんも、
もうそんな年頃に…( ゚Д゚)
そりゃ、ワタクシもいい年になるわけです…(笑)


アップダウンが多いなら、
ちょっと奮発してヤマハやパナソニック等の
ちゃんとしたメーカーの電動アシスト自転車がおすすめです♪



最近の電動アシスト自転車は
ホイールベースやタイヤ径、フレームの剛性等、
すごく日常使いに便利なように考慮されたものが多く、
値段に見合う価値のある車種が多いと聞きます!



娘さん用だと、
成長で随分まだ体格が変わるだろうし、
なかなかこれが良いとは言えないけれど…( ;∀;)


最近の記事+コメント
プロフィール

・リヴ・ ログイン状態

Author:・リヴ・
現在、名古屋在住の
『まったり生きる』事に憧れる若造。


ゲームしたり、本読んだり、
お散歩したり、サイクリングしたり、
時々、短い『お話』を書いてみたり…。
結構色々やってます。

広く浅くをモットーに清く正しく(?)生活中!

カテゴリ
CalendArchive
月別アーカイブ
リンク
文字を大きく・小さく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    メールフォーム
    個人的に管理者と連絡が取りたい方はこちらからどうぞ。   ※コメントの方で済むような場合は、なるべくそちらからお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。