スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気を付けましょう!




実際のところ、
最近のルールやマナーの悪化を考えれば、
客観的に見ても
仕方がないことだとは思うけれど…。



しかし、
冷静に考えて、
その対象となる人は
そのことを周知しているのかどうなのか。
全然周知されてないような…?


何より、
頭数や意欲的に見て、
現場サイドでは対処しきれない気がしなくもないし。
一体どうなることやら?



というわけで、
今日はそんな感じの話。






さてさて、
突然ですが、
ご存知の方も、そうでない方もいると思いますが、
来たる6月1日より、
とある法律が若干改正されます。



その対象となる人間は、
全国的に見てかなり大人数なんですが、
たぶん当事者の大半が知らないままじゃないかと…。



それが好きだとか、
趣味にしてるとかでもない限り、
あまり意識するものでもないですし、
割と無関心な人も多いと思いますが、
何度も言いますが、
かなり大勢の人間に関わる内容ではないかと…!



6月1日に
どの法律が改正されるのかというと、

【道路交通法】、いわゆる【道交法】です!









はい、
この段階で
学生の方々の大半は
『なんだ、関係ないや』と思われたでしょう。


車持ってないし、
そもそも免許も持ってない。
そう思った人もいるかもしれません。



でも、
残念ながら、
今回の改正は
そういう人にこそ、
大きな影響があるものではないでしょうか?



ええ、
今回改正される主な点は、
【自転車】に関してなのですよ!



それも、
自転車に対して
ある意味、【罰則の強化】ですから!








多くの方が知っての通り、
自転車は法律上、
【軽車両】に分類される乗り物で、
名前の通り、【車】の仲間なのですよ。



そのため、
子供から高齢者まで、
色々な世代の人が利用していますが、
【車の一種】なので法律上、いくつものルールがあるわけで…。



そして、
6月1日より、
そうしたルールに違反する悪質運転者に対して、
安全運転の講習が義務付けられるわけです!
それも手数料自費で!(←手数料5700円也)



さらに
受講命令を無視した際は
5万円以下の罰金が科せられるとのこと。



まぁ、
一発アウトじゃなくて、
3年以内に2回、
危険運転で違反を取り締まられたり、
ルール違反による交通事故を起こした場合だけどね




さて、
そのルールですが、
全14項目あり、こんな感じです。





①信号無視
②通行禁止違反
③歩行者用道路における車両の義務違反
④通行区分違反
⑤路側帯通行時、歩行者の通行妨害
⑥遮断踏切の立ち入り
⑦交差点安全進行義務違反
⑧交差点での優先車妨害
⑨環状交差点安全進行義務違反
⑩一時停止違反
⑪歩道通行時における通行法違反
⑫ブレーキ不良自転車運転
⑬酒酔い運転
⑭安全運転義務違反





まぁ、
講習が義務付けられただけで、
注意すべき点は
前々からずっと同じなんですけどね…



いくつか、
分かりにくい表現のものもあるので
噛み砕いて説明すると、


①信号機の指示に従わない。
②標識や交通整理の指示に従わず、禁止されている場所を通行する。
③歩道で歩行者に配慮せず徐行しない。
④車道と歩道の区分がある道路で車道を走行しない。
⑤路側帯を歩行者の通行の妨げになる速度や運転で走行する。
⑥遮断機が下りているときに無理矢理通ろうとする。
⑦交通整理が行われていない交差点で他車両の通行の妨害をする。
⑧交差点で優先車両の進行を妨げる。
⑨環状交差点で他の車両の進行を妨害する。
⑩指定場所で一時停止をしない。
⑪歩道を走る際に指定部分を徐行せず、歩行者の妨げになると思われる個所で一時停止しない。
⑫ブレーキが付いていない・正常に作動しないとうの自転車を運転する。
⑬飲酒して自転車に乗る。
⑭安全運転の義務に反する行為をする。





うーん、
あんまりわかりやすくなかったか…



とにかく、
いくつか重なる内容のものも有りますが、
基本的に注意すべき点は、今までと変わりません!



変わりませんが、
現実、ワタクシを含め、
全ての自転車を利用する人に言えますが、
どれかしらに抵触する恐れ、大です!



例えばワタクシの場合、
②とかが怪しいですね…。



いあ、
気付いていないだけで、
自転車にも一方通行が適用される道路を
気付いてないだけど、使っているかもしれないし…(←あんまりないと思うけど)。



あ、あと自転車横断帯のある交差点とか…。
つい車道の信号に従うことが多いけど、
あれ、原則的には
自転車は自転車横断帯を使わなきゃいけないらしいんよね…



まぁ、
自転車における、
明確なルールが若干不透明な部分あるし、
自転車横断帯があるところと無いところで従う信号が変わるってのも、
冷静に考えておかしいし…。(あるところは歩行者信号?ないところは車道信号?)


日本の場合、
法律的に見ても、
自転車をどう扱いたいのかが謎だもんね…



自転車乗りの間ではよく言われますが、
結局どこ走っても邪魔者扱いですよ、自転車って…



それはさておき、
ぶっちゃけ、この全てを厳格に取り締まるなら
この三年以内で自転車に乗れる国民は多分ほぼ全員講習行きですよ!


俺は違う?
私は大丈夫?


いやいや、
街中をパッと見る中でも、
どう見ても違反車両がたくさんいますから…。



歩行者相手にベル鳴らす?
これ既にアウトです。
いかなる場合でも歩行者は優先されるので、
上で言うなら、③とか⑤とか⑪に引っかかります。


並走だの夜間無灯火、
スマホ運転・イヤホン使用等は
おそらく⑭の安全運転義務違反に引っかかるだろうし。



もっと言えば、
生活道路等などの
一時停止の標識を律儀に守る自転車の方が稀です。
というか、ほとんど見たことないです。



ぶっちゃけね、
我々、自転車に乗るのが好きな人間でも
かなり注意してても怪しいところあるんですから…。
というか、細かく拾われるとたぶんアウトですよ。



歩行者と同列くらいの感覚で
自転車に乗ってる人は、まず間違いなくアウトです。
一時停止違反を拾われただけで、大半の自転車利用者はアウトですよ。



学生さんらは
よほどのことがない限りアウトですね。



スマホ弄りながらとか多いし、
イヤホン・ヘッドホン等の利用、
並走・信号無視に一時停止違反。
集団で歩道の爆走とかね。



若年者だけに限らず、
普段車に乗るような人でさえ、
なぜか自転車に乗ると傍若無人な振る舞いをしますし…。



要するに、
細かく拾われると、
誰もが厳密に言えばルール違反してる可能性大なんですよ。









とはいえ、
冒頭で少し言いましたが、
これだけ普及した自転車を
厳密かつ厳格に違反を摘発できるかと言えば答えはノーです。



おそらく、
今まで以上に警察が取り締まりを強化したとしても
年に数百~千人程度の違反講習者が出るくらいじゃないでしょうか?



だって、
誰がどう見ても【危険】であるじゃない限り、
摘発する側としても難しいところがあるし、
そもそも警察官の数が圧倒的に足りないし。



まぁ、
見た目で分かりやすいスマホの【ながら運転】は、
誰がどう見ても危険なので、
集中的に取り締まられる可能性は高そうですが



持続的にやってるから
【現場】を押さえる必要もないし、
本人が警官の接近に気付かないんだもん
個人的にはこれは良い傾向だと思います
前見てないんだから、あれはどう見ても危ないですもん。



本人らは自分で避けてると思い込んでるのが問題ですよ。
周りの人が危ないから避けてくれてるだけなのに…。


なんかのデータではスマホ見ながらの歩行は
周囲2メートルに入らなきゃ、障害物に気付かないって話ですし。
自分で避けれてるわけないじゃないですか…。
回避行動は他人に委ねるなって師匠が言ってた!









というわけで、
6月1日から自転車の取り締まりが
法律によって強化されます。


自転車は車両であり、
免許等は必要のないという性質を持つ以上、
自転車に乗れるすべての人間が対象になります。


ええ、
子供だろうが年寄りだろうが、
同じ【車両に乗る者】として扱われます。



当然、
保護責任も問われるはずなので、
小さいお子様や学生の子供さんをお持ちの方は
自転車の乗り方について、
再度教育した方が良いと思われます。



法律抜きにしたって、
結局、【安全】のためですから…。



ルールだとかマナー以前に、
怪我をしない・怪我をさせないためのことですので、
今回の機会を利用して、
今まで以上に【安全】を心掛けて、自転車を利用していきたいものですね!




というわけで、
今回はちょこっとばかし、真面目なお話なのでした!



スポンサーサイト

theme : テーマなんてどうでもいいや
genre : その他

comment

Secret

最近の記事+コメント
プロフィール

・リヴ・ ログイン状態

Author:・リヴ・
現在、名古屋在住の
『まったり生きる』事に憧れる若造。


ゲームしたり、本読んだり、
お散歩したり、サイクリングしたり、
時々、短い『お話』を書いてみたり…。
結構色々やってます。

広く浅くをモットーに清く正しく(?)生活中!

カテゴリ
CalendArchive
月別アーカイブ
リンク
文字を大きく・小さく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    メールフォーム
    個人的に管理者と連絡が取りたい方はこちらからどうぞ。   ※コメントの方で済むような場合は、なるべくそちらからお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。