スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには役に立つのです!



確かにね
いつも持ち歩いているわりに、
滅多に使う機会はないのですが、
極稀に使用機会が巡ってくることがあるんですよ!


自分以外に使うことなんて
年に一回二回あるかないかだけど、
忘れたころにそういう機会ってやってくるものです。


今回はそんなお話。








唐突ですが、
皆さんは使用機会は少ないけれど、
いつも持ち歩いているものってありますか?


ワタクシはあります。



過去にチラッと書いた覚えもありますが、
ワタクシは高確率で
外出する際には
ちょっとした怪我の応急手当アイテムを持っています。



絆創膏の大中小の各サイズ数枚ずつ。
消毒液とガーゼ数枚。
絆創膏やガーゼの保護にも使える、医療用防水テープ。
少し短いけれど包帯。
あとはなぜか熱取りシートを2枚ほど。



これらのアイテムを
外出用カバンや職場・車の中なんかに
小分けにして常備していたりします。



というのも、
学生時代、
自転車や18切符でフラフラしてたのですが
ちょっとした怪我なんかしたときに、
その手の道具があるといいなぁと思ったのを切っ掛けに、
持ち歩き始めて、
その習慣が今でも残っているというわけです




もちろん、
社会に出た今となっては
当時ほど使用機会も減り、
出先での軽い怪我や靴擦れなんかの時に使うくらいですが…








とはいえ、
それでも極稀に
思いがけず使用機会が巡ってくることがあります。



それがつい先日、
何を血迷ったのか、
普段はほとんど行かない、
名古屋の中心部に出て行った時でした。




その日は、
ある用件で贈り物に相応しいアイテムを探しに
街中をフラフラと彷徨っていたのですよ。


で、
買い物も色々悩んだ結果、
なんとか終えて、
店から出て地下鉄の駅に入ろうとした時でした。



突然後ろから、
【どったーん】と盛大に鈍い音が聞こえてきたのですよ…。



で、
振り返ってみると、
なんとも派手に
ヘッドスライディングを決めている人がいるじゃないですか…




本人が一番そう思ったと察しますが、
まず最初に思ったのは、

ああ、これは相当恥ずかしいな…


一度でもやってしまった人は
たぶんその微妙な空気感を理解できると思いますが、
まさにあれですよ…



ええ、
あれは一か八かの
ヘッドスライディングでは断じてなく、
派手にすっ転んで、
反応もできず手も付けず、
結果的にヘッドスライディングに見えるような、
なんとも悲しい姿勢になっただけのようでした…



一瞬、
周囲の時間が
完全に止まったような気がしましたが、
とりあえず放置するのも可哀想なので、
声をかけて、起こしました。



↑実際、人ごみの中で一人で盛大にこけた時のやるせなさは異常だし…。
言い訳するにしても、ネタにするにしても、
誰かがいた方がいいという状況は確かにあるのです…。




軽く、
チラッと状況を見たところ、
あれだけ派手にこけたにもかかわらず、
幸い、頭や顔はぶつけてないようで、
手の平とひざから少々出血してるくらいでした。



本人曰く、
足が段差に引っかかって、
荷物も持っててどうにもできなかったとのことですが、
やはり底の高い靴は危険だなぁと、
個人的には思いましたよ



とりあえず、
生憎水の手持ちはないので、
ガーゼに消毒液をたっぷり含ませ、
傷口を拭ってもらい、
大きめの絆創膏を二枚渡して貼ることに。


一応消毒はしたものの、
傷口の洗浄が不完全なので
後ほどちゃんと洗って消毒しなおすよう伝え、ミッションコンプリートです。








こんな感じで、
極稀に使用機会は訪れるのですよ。


過去にも
行楽シーズンの時に
靴擦れでぐずるお子様連れの家族とかに渡したりとか、
全く使わないではないんですよ


ほとんどないだけで…



あると便利だなとか、
持ってて良かったって思うとき、
結構得した感があるわけです!
まぁ、完全に自己満足ですが…



とはいえ、
予想外の負傷をして
気分悪く帰路に着くより、
多少手当なんかして、
怪我も気分も回復させた方がいいでしょ、多分…。



自分の怪我しか
判断基準を持たないから
何とも言えないけれど、
手当てさえすれば、そこまで気にならないじゃない。
多少の傷なら。



そんな考えもありつつ、
使える機会が巡ってきたら、
なるべく使おうと思っている次第であります。
あまり気にはしてないけど、使用期限的なのもあるしね…



そんなわけで、
この手の道具は
他ごとに気を取られると忘れることもありますが、
なるべく持ち歩いているというわけです。



使うあてがないのに
時々、道具の補充や強化(※)も行いつつ、
今日まで続いている習慣なのですよ




気が付けば、絆創膏の一部のサイズは
自然治癒力を高めるとかいう、ちょっと良いものに切り替わってます。
包帯は止血帯に使えるかと思って、出歩く用カバンには入れておくようにしました。




まぁ、
この手の道具は
使うあてがないときに用意しとくから意味があるんだけど







こんな感じで
普段持ち歩く使用機会の少ない代物も
いざってときにお役が回ってくるものです!


皆さんが
普段持ち歩く使用機会の少ないものも
たぶん何かしらの【有事】の際を考慮して持ち歩いているものだと思います。



この手の道具は
使用頻度こそ少ないものの、
いざってときに使えるように、
なるべく持っていたいものですね!



というわけで、
今回は改めて、
自分の持ち歩いているものについて、
ちょこっと考えさせられましたってお話でした。



うん、災害にも備えて
車にちょっとした飲料品と食料くらいは入れておくようにしよう。
防寒具とか…。



というわけで、
今回は少しだけ真面目(?)な内容でした!




スポンサーサイト

theme : テーマなんてどうでもいいや
genre : その他

comment

Secret

最近の記事+コメント
プロフィール

・リヴ・ ログイン状態

Author:・リヴ・
現在、名古屋在住の
『まったり生きる』事に憧れる若造。


ゲームしたり、本読んだり、
お散歩したり、サイクリングしたり、
時々、短い『お話』を書いてみたり…。
結構色々やってます。

広く浅くをモットーに清く正しく(?)生活中!

カテゴリ
CalendArchive
月別アーカイブ
リンク
文字を大きく・小さく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    メールフォーム
    個人的に管理者と連絡が取りたい方はこちらからどうぞ。   ※コメントの方で済むような場合は、なるべくそちらからお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。