スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットに夢を詰め込んで




大人になってから
ふとした切っ掛けで思うことがある。


子供の頃に
いつもポケットに詰め込んでいたものは
一体どこに置き忘れてしまったのかと…。


ポケット。


小さい頃のそれには
いつもぱんぱんに膨らむくらい【宝物】が入ってて
何だかそれがすごい誇らしかったはずなのに、
今入っているものといえば、
どれも実用的なばかりで
つまらない現実的なものばかり。


それがいけないわけではないのだけれど、
ふとした時に、無性にあの頃が懐かしくなるのだ。



他人から見れば
何の価値のないガラクタだらけだったとしても、
あの頃の自分にとっては
それは確かに【宝物】でキラキラ輝いて見えた。
夢や希望が詰まっていた。



少なくとも、
そう言って差支えがないほど、
あの頃の自分にとっては
【特別】なものが入っていたのかもしれない。













なーんて、
ちょっとノスタルジックで
少しだけセンチメンタルな感じで始まりましたが、
今回は特にネタがなかったので (←いつものこと)
【ポケット】について思っていることでも書いていこうかと…!



皆さんは
小さい頃、ポケットに何を入れていました?



幼い頃のワタクシは
ポケットの中に
色々としまい込むタイプのお子様だったので
よく遊んでいた大切なおもちゃだとか、
綺麗な形の石ころやガラスでできたビー玉とか、
プレゼントについてきたリボン、ちょっと変わった形の葉っぱとか、
色々なものを入れていた記憶があります



まぁ、
他人から見れば
どれもガラクタには違いなく、
小さな頃も洗濯のたびに親に怒られてたり…



とはいえ、
当時の自分にとっては
それは間違いなく大切で特別なものでした。



よく遊んでいたおもちゃは
大切な相棒のようなものでしたし、
石ころやビー玉に関しては
【宝石】だとか何とか言ってた覚えがあります
リボンについては
なぜそう思っていたのか、
経緯については忘れてしまいましたが、
当時の自分にとっては【お守り】のようなもので、
いつもポケットの中に忍ばせていた記憶があります。



誰かにとっては
紛れもなく全てガラクタだったんでしょうが、
当時のワタクシにとっては
それは全部、数ある中から自分で選び出した、大切な宝物だったんでしょう。









そんな記憶もあってか、
ワタクシは今でも、
少しばかり【ポケット】に特別な思い入れがあります。
というか、
いまだにポケットに色々しまい込むクセは抜けきっていないですから



思えば、
某ネコ型ロボットのポケットにも
夢やロマン溢れる秘密道具が入ってる点から察するに、
何となく漠然と【ポケット】に対して、
特別な感情や記憶を持っている人も多いのかもしれませんね。




財布にハンカチ、
鍵や名刺入れ、ミュージックプレイヤー。
ちょっとしたノートや筆記用具等々。



ポケットにしまいこむものは
あの頃に比べて
随分と現実的で実用的なものに変わってしまいましたが、
ある意味で、それが大人になるってことなのかもしれませんね。



生活への合理化と社会へのすり合わせ。
確かに成長とともに必要になることなのかもしれません。



ただ、
それと引き換えになってきたものは
一体どこに行ってしまうのかな?



そう思うと、
少しだけ寂しい想いがして
ふと、自由に何でもしまい込んでいたあの頃が、
無性に懐かしく感じてしまうのです。





今思うと、
あの頃大切にしていたものは
使えるかどうかだとか、
社会的にどれほどの価値と意味があるだとか、
持っていることがステータスになるだとか、
そんなこと一切関係なしに、
ただ【自分にとって特別】だからって理由だけで、
ポケットの中に詰め込んでいたんだと気付かされます。



そこには
必要に迫られたから持ち歩いたものなんて何もなかったし、
持ち歩くことで得をするだとか、そういう物なんて何もありませんでした。



それに比べて
今自分が持って歩いてるものって、
ほとんどのものが
必要に迫られて持っているものであり。
持ち歩くことで利便性を享受するものだとかばかりになっています。



ええ、
【実用性】自体が欲しくて、
【それ自体】には何の思い入れもないものばかりです。
別にそれをなくしてしまっても、
必要な手続きや若干の不利益を被るものの、
他のモノを使えばいいかと、簡単に思いきれるものばかりです。



変な意味、
みんなが同じようなものを持ち歩き、
持ち歩いていることが【普通】となってしまう物ばかり。



そこには
見た目の差以外の個性などなく、
ただありきたりなものばかりで、
ありきたりな日々を送る自分たちがあるのみ。



【個性】は大事だという一方で、
社会は、そして自分たち自身は、
自らすすんで、
【個性】というものを置き忘れてしまおうとするものなのかもしれません。










とはいえ、
そんな中だからこそ、
ふと気付くことってあるんですよね。



自分にとって
たぶん失いたくないものだとか、
これだけは譲りたくないって思えるものだとか、さ。
色々と置いていかなくちゃいけない中で、
その中でも最後まで残った特別なほんの少しの何か。



小さい頃、
ポケットの中には
いつもいっぱいの【宝物】があった。



でも、きっと
それが本当はどういう物で
どんな意味を持っているのかなんて、
その時は何もわからないし、判断できないんですよね。



宝物だと思っていた中には
ひょっとしたら、
そう思い込んでいただけのものもあったかもしれないし、
そもそも最初からそういうものではなかったものもあるかもしれない。



そういう物を
少しずつ整理していく中で
最後に残ったほんの少しの【宝物】。
生涯、すっと大切にしていきたい【何か】。



そういうものこそが
本当の宝物なんだって、
最近、そんな風に思えるようになりました









確かにね、
今ポケットに入ってるものは
現実的で実用性ばかりのつまらないものばかりかもしれない。



あの頃みたいに、
純粋に自分にとって【特別】だと思えるものなんて
何も入ってないかもしれない。



でも、
だからこそ、
【ポケット】の隅っこに
ほんの少しだけ【何か】残っていることに
ふと気が付く瞬間があるんじゃないかって…。



それが一体なんなのか、
それはまだ分からないけれど、
【それ】は確かにそこにある、そんな気がするのです。



そして多分。
【それ】が一体何なのかわかった時、
【それ】はその後の人生を支えていくものになるんじゃないかって、
漠然とですが、そう思うのです。



まぁ、何となくですけどね





小さい頃に【ポケット】にしまった宝物。



それが真に意味や意味を持つのは
きっとその本質が本当に理解できるようになってからなのかもしれません。


そして多分、
当時の【宝物】には
全て何かしらの意味や価値がある。
それを見出せるかどうかは別にしても、ね。



その中には
今もきっと自分を支えてくれているものもあったり、
逆に自分の在り様を決めつけてしまっているものもあるかもしれないけれど…。




でもさ、
どんな形であれ、
いつも【ポケット】に夢を詰め込んでるって
なんか憧れちゃうよね



内容は人それぞれだけど、
大切な何かを持ち続けてられるってのは
きっとすごい素敵なことだと思うんだ!



自分の【ポケット】に
そういうものがあるのかどうなのかは
まだよくわからないけれど、
【きっとある】って思ってた方が、
なんだか楽しそうな気がするじゃん!



だから、
ワタクシはそういうものがあると思い込んで、
生きていこうと思ってます



だって、
自分には何もないと思い込むよりも
ずっと健全だと思わない?



まぁ、
中二病だとか夢想家だとか、
そう言われない程度に気を付けつつも、
その正体を探れればいいかなって!









と、
長々と書きつつ、
最初の方と
だいぶ中身が変わってしまった気が
全くしないわけでもないですが、
最後に一つ、皆様にお願いがあったりなかったり…!



今まさに、
育児に奔走中の方々も、
まだこれからって方々も、
お子さんがポケットいっぱいに
ガラクタめいたものを持って帰ってきたとしても、
笑って許してやってくださいな



たぶん、
大人にとっては
何の意味のないガラクタでも
彼らにとっては
何やら特別なものなのかもしれないから。



あれ、
勝手に捨てられると
微妙に凹むんですよ…



経験者が語るんだから間違いないはず




子供が
色々と【ポケット】に詰め込むのは
仕事の一つだと割り切って、
なんでそれが大切なのか、
さりげなく聞き出してみるのも面白いかもしれませんしね





というわけで、

あなたの【ポケット】の中には

大切なもの、残っていますか?



なんて感じで今回は締めさせていただきます





んじゃ、またの機会に~♪






スポンサーサイト

theme : テーマなんてどうでもいいや
genre : その他

comment

Secret

最近の記事+コメント
プロフィール

・リヴ・ ログイン状態

Author:・リヴ・
現在、名古屋在住の
『まったり生きる』事に憧れる若造。


ゲームしたり、本読んだり、
お散歩したり、サイクリングしたり、
時々、短い『お話』を書いてみたり…。
結構色々やってます。

広く浅くをモットーに清く正しく(?)生活中!

カテゴリ
CalendArchive
月別アーカイブ
リンク
文字を大きく・小さく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    メールフォーム
    個人的に管理者と連絡が取りたい方はこちらからどうぞ。   ※コメントの方で済むような場合は、なるべくそちらからお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。