FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずやってみないと!



この世の中には
膨大な量の
マニュアルや取扱説明書、
指南書なんかがありますよね。



その中には
とても実践的な知識が書かれているものや、
『そんなの現実に通用するわけないじゃん』っていう、
机上の空論どころか、
ネタにしかならない知識もあったりなんかして…。


まぁ、
なんにせよ、
その知識が実際に使えるかどうか、
実際にやってみないと分からない部分も多々あったり…。



今回はそんなお話。






さて、
突然ですが、
皆さんは、
何か興味のあるもので
ちょっとした手段や方法を仕入れた場合、
思わず【実践】してみたくなることってありませんか?



例えば
料理においての【新しいレシピ】だとか、
創作的な趣味であれば【新しいテクニック】だとか、
あるいは【新しいツール】でもいいです。




そうしたものを手に入れた時

よし、とりあえずやってみるか!

ってなテンションになると思います。



ええ、
当然ワタクシもそうなりますよ…


そして
勢いで始めたことに
後悔をすることがしばしばあるわけで…








というのも、
以前少し書いたように、
最近ワタクシは
【自転車】にハマっておりまして、
せっかくなので【乗る】だけじゃなくて、
自転車を【イジる】方も楽しもうと思っているのですよ。



そんなわけで、
簡単な自転車の【メンテナンスマニュアル】を入手していたのですが、
先日、とうとう実践してみようと思いたちまして…



いきなり
お高い自転車(←ワタクシ基準)を弄って
自分で壊すのも笑えないので、
とりあえず前々から
整備不良のまま置きっぱなしになっていた、
古いマウンテンバイクの整備をしてみたわけです…。



まぁ、
何をしたのか、
その辺の内容は別館にでも書くとして…。



なんていうかね、

実践に勝る知識はないな、と…!



マニュアルとか取説とかには
サラッと、
【いとも簡単にできます】みたいな、
二日酔いの朝のお茶漬けくらいのアッサリさをもって、
さもできて当然みたいなノリで書かれていることもありますが
実際にやってみると、なかなか思う通りにできなかったりするものですよ…




本を読んだり
人づてに色々と得た知識で
やれるつもりになっているだけっていうのは、よくある話です。



本当はできない癖に
自分ならできるという、
根拠のない自信があるもんですから、
ついついムキになって、
どうにもならなくなるって事例も少なくありません…



そこまで行って初めて、
【知ってる】だけじゃ、
何の役にも立たないことを知るのですよ…



実践を伴って、
初めて【知ってるだけ】が
己の【知識:】になるんだなぁって…








今回思ったのは、
色んな事でもきっと同じなんだろうけれど、
【知ってる】って段階では
【知らない】ってことよりは
少し優位なだけで、本質的には何も違わないんだなってことです



こと、
こうした実技を伴うスキルの場合、
それは特に顕著で、
現実にできなきゃ、
知ってるのも知らないのも、その差はないってことですよ!



それを認めて
自分で色々考えて、
思いつく方法を試してみて、
失敗を繰り返しつつ、
何度も何度もやってみて、
ようやく自分の【知識】になるんだなぁと…




ものによっては
【知ってる】が一度でも実践を経験し、
ある程度のコツが分かれば、
すぐに【知識】になることもあるだろうし、
一度や二度程度の実践では、
結局何が何だかわからないこともあるけれど、
それでもやはり、
実践を経験していれば、
その段階の自分の力量が分かるというものです…



まぁ、
結構な確率で、
その【現実】を知ることは
多少の痛みを伴うわけですが、

やってみなけりゃわからない

そういうことって
結構たくさんあると思うんですよ。




実際に、
自分である程度【やってみた】から、
それをいとも簡単にやる人のすごさが分かるってもんだし、
人に何かをしてもらうことの感謝の念が湧くというものです!



実際、
中高生の頃は
ワタクシも
ひねくれたお子様だったので、
世の中や社会のことを色々と舐めてましたよ…



でも、
自分がそうした
世の中や社会の中に出ていくことで
初めて【大人の世界】の大変さが少しだけ分かったっけ…








たぶん、
どんな事でもそうだろうけれど、
本当にそのもののことを知るには、やってみるしかないんだろうね。



よく、
人の好きなことをバカにしたり、
否定したりする人がいるけれど、
その苦労や楽しさってのは、
たぶんやってみなければ絶対に分からないんだろうなって



どんな分野にも
きっと、
やった人にしか見えない境地ってのがあって、
そこから見える景色と
そうではない場所から見る景色は全然別物なんだろうなぁとか、ね



そうやって考えると
とりあえず、
一か八かでもやってみるとこって
結構大事だと思うのです…。



もちろん、
一か八かでやるなら、
失敗が許される状況であることとか、
多少自分が痛い目見ても気にしないくらいの豪胆さが必要ですが…



もし
そういう環境があるのならば、
ダメもとでやってみるのも、
新しい趣味や楽しみを見つける、良い機会になるかもしれないね








え?
結局、マウンテンバイクの整備はうまくいったのかって?



ええ、
フロントの一番重いギヤに全く変速できなくなったり、
予想外の部品を交換する羽目になったりと、
色々と試行錯誤と紆余曲折を経た後、
いくつか気になる部分を残しつつも、
何とか、それなりに形にはなったと思います…。



学生時代に
共に色々な場所を走った、
思い出のマウンテンバイクも
購入から7~8年経ち、
すっかり廃車待ちかと思うくらい薄汚れていましたが、
見違えるほど綺麗になりましたよ



タイヤとチューブを新しいものにしたのをはじめ、
油や泥で汚れていた
スプロケットやクランクも洗ったし、
チェーンには新たにオイルを差し、
シフトワイヤーとブレーキワイヤーを新品に取り換え、
すっかりすり減ったグリップも新しいものに交換し、
痛んできていたサドルも、思い切って新調しちゃいました



フレームも
ウォッシャーで洗浄・乾燥の後、
コーティング剤(?)なるものを使用して、微妙にツヤが戻ったり…!



当時、
5万円程度で買った、
安物のマウンテンバイクなので、
そこまでお金をかけて整備する気もなかったのですが、
低予算ながら、
ここまで見た目的にも雰囲気が変わるのならば、
いずれ、あの計画を実行してみたいものです…。



『お洒落なチャリを楽しもう。計画』


略して【おしゃチャリ計画】!



規格さえ合えば
割とどんな部品でも
頑張れば(←ここ重要)交換できてしまうという自転車の長所を
最大限に楽しもうという、
自転車の【乗る】以外の楽しみらしいですよ



ただ唯一惜しむべき点は
ワタクシにはコーディネートのセンスがないということ…



まぁ、そういう失敗も楽しみのうちですな…




というわけで、
とりあえずやってみるってのは
意外と
人生を楽しむ上で重要な要素かもってことでした!




スポンサーサイト

theme : テーマなんてどうでもいいや
genre : その他

comment

Secret

最近の記事+コメント
プロフィール

・リヴ・ ログイン状態

Author:・リヴ・
現在、名古屋在住の
『まったり生きる』事に憧れる若造。


ゲームしたり、本読んだり、
お散歩したり、サイクリングしたり、
時々、短い『お話』を書いてみたり…。
結構色々やってます。

広く浅くをモットーに清く正しく(?)生活中!

カテゴリ
CalendArchive
月別アーカイブ
リンク
文字を大きく・小さく
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    メールフォーム
    個人的に管理者と連絡が取りたい方はこちらからどうぞ。   ※コメントの方で済むような場合は、なるべくそちらからお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。