FC2ブログ

2019'12.24 (Tue)

【神】とは一体どういうものか。



神というものをどう考える?
そう訊かれると、【『自分自身』こそが『神』である】と答えます。


言葉だけ拾うと、
ものすごく中二病感溢れる、
結構なパワーワードな気がしますが、
私の中では至極真面目な解答だったりするのです。



※今回はちょっと真面目な回?
  きっかけはちょっと【アレ】だけれども…



 
スポンサーサイト



22:52  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2019'12.17 (Tue)

効果のほどは…?



実は私、
この十年ほど【春】が苦手だったりします。


それ以前は
気候的にも過ごしやすく、
風景的にも色鮮やかでで、
1年を通しても一番好きな季節でしたが、
10年前を境にダメになりました…。



皆さんお察しの通し、花粉症です…orz


21:37  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2019'12.08 (Sun)

贈り物選びは難しい…



贈り物を選ぶのは ものすごくセンスがいる。


人に何かを贈る機会がやってくるたびに、いつもそう感じている。


食べ物のように
消費してしまえばなくなってしまうものならまだしも、
形のある【物品】となると、なおさらである。


【物】という場所を取る代物であれば、
余計に選択に失敗した際に、
処分や保管の迷惑をかけてしまうのではないか、そういう危惧もあるからだ…。


21:11  |  愚痴  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2019'11.26 (Tue)

泡沫 ―喪失の記憶―



先日の日曜日
午前3時50分頃、
長らく飼っていた犬が亡くなった。


十数年、
毎日顔を合わせて、
同じ時間を過ごし、共に歩いてきた。


腕の中で
少しずつ細くなる呼吸と鼓動を感じながら、
また一つ、自分の中で何か大切なものが失われていく気がした。


この出来事も、
きっとこれから先、
何かの拍子に何の脈絡もなく、
泡沫のように浮かび上がっては消えていくのだろう。


喪失の記憶。


普段意識しなくても、
心の中にずっと留まり続け、
ふとした瞬間に浮かび上がり、そして消えていくモノ。


成長するにつれて
一つずつ増えていくこの記憶は、
一度は手の中にあったはずなのに
今となっては二度と手に入らない儚い幻のようなもの。


だからこそ、
その時失ったものは
一体自分にとって何だったのか、
多少の痛みを伴っても、忘れてはいけないのだと思う。



失った者が忘れてしまったら、それこそ何も残らないのだから…。


23:25  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2019'11.20 (Wed)

旅は人生の縮図?




旅は人生の縮図である。


いつかどこかで聞いた言葉だが、
それが事実であるのならば、
【旅】の仕方や捉え方から、
その人の人生観や生き方がわかるのではないだろうか。


今回はそんな感じのお話。

21:48  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT